テキストリンク
テキストリンク

佐伯チズ式クレンジング

佐伯チズのクレンジング

オイルクレンジングを使用している方も、たくさんいらっしゃると思いますが、どのようなクレンジング剤が最もお肌のために良いのでしょうか?

実は、オイルクレンジング剤というものは、皆さんが日ごろお使いの台所用洗剤と同等の界面活性剤が含まれています。肌の弱い方は、台所用洗剤で食器を洗っていて、手が荒れてしまうことがありますよね。

肌の表面というものは、たんぱく質で作られています。台所用洗剤などに含まれる界面活性剤は、肌の表面のたんぱく質をボロボロにしてしまう性質があるのだそうです。ということは、オイルクレンジング剤は、界面活性剤を含んでいるので、オイルクレンジング剤でクレンジングをしていると肌は大変なことになるということです。

ということで、佐伯チズさんが推進している、クレンジング方法をご紹介します。

佐伯チズクレンジングでは、ミルククレンジング剤を使用します。佐伯チズ式コットンか、普通のコットンまたは、脱脂綿を使って、ミルククレンジング剤を含ませたコットンを目元や口元から顔全体へと広げていくように使用していきます。

まず最初は、コットンを水に浸して、コットンの水気を軽く絞ります。次に、両手でミルククレンジング剤をしばらく暖め、水気を絞ったコットンでクレンジング剤を顔の真ん中から外側へと広げるようにします。クレンジング剤を使用した後、洗い流すときは、顔を優しく両手で包み込むようにして洗い流しましょう。

佐伯チズ式クレンジング

佐伯チズさんのクレンジング法について

佐伯チズさんの本に書かれていたクレンジング法をご紹介します。本に紹介されていたのは、クレンジングは乳液タイプが肌に良いのだそうで、佐伯チズさんが実際に使用しているクレンジング剤は、ゲランのクリームクレンジングなのだそうです。

以前は、化粧品は油なのでそれを落とすには、オイルタイプのクレンジング剤が油が良いというのが通説でした。しかし今では、肌のことを考えれば、クリームクレンジングを使ってやさしく肌を洗うのが、美肌への最短の道なのだそうです。佐伯チズさんのの白くてキメの細かい肌を見てみると、とても信頼性があり、納得できるお話ですよね♪聞くところによると、佐伯チズさんが考案した化粧品を使用している方は、それを使い出してから肌がとてもしっとりしてきたらしいですよ♪

佐伯チズさんのような美肌に憧れますよね。佐伯チズさんが考案したローションパックを実行するのも、美肌への近道です。佐伯チズ式ローションパックは、クレンジング後に、顔を蒸しタオルで覆ってしまいます。その後、コットンを水に浸して、軽く絞ったコットンに化粧水を含ませてから、コットンを6枚に分けます。その6枚のコットンを両頬、おでこ、鼻、口から首にかけてなどの部分に乗せます。(できればそのときに使用するコットンも佐伯チズさんが経営するサロンと同様なものが良いようです。)コットンをのせた上から、さらにラップで顔を覆ってしまいます。窒息しないように口は息ができるように出しておきましょう。ラップの上から、蒸しタオルをのせます。

このローションパックはとてもお勧めだそうです。このローションパックが終わったときには肌がとてもプリプリになっているそうです。
お金もあまりかからないので、美肌になるには、佐伯チズ式ローションパックが一番お勧めですよ♪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。