テキストリンク
テキストリンク

佐伯チズ式ローションパック

佐伯チズさんの「美肌の花道」

佐伯チズさんは「美肌の花道」という本を出版していらっしゃいます。この本の内容をご紹介したいと思います。

冬場は、とても肌が乾燥してしまいます。この季節に是非佐伯チズさんの推奨するローションパックを試してみてはいかがでしょうか?このローションパックはとても簡単に誰でもすることができます。

美肌の花道」の中で、佐伯チズさんが推奨しているのは、ローションパックです。コットンを水でしめらせ水気を軽くしぼったら、ご自分でいつも使用されている化粧水をコットンにたっぷりとかけます。500円玉くらいの大きさに化粧水をコットンに振り掛けましょう。そのコットンを何枚かに薄くはがして、それを顔に乗せて、次にその上からラップをするのだそうです。これを毎朝と夜の2回するだけです。

ここで注意が必要なのは、ラップの口と、目の部分は穴を開けておき窒息しないように息ができるようにしておきます。

佐伯チズさんがおっしゃるには、
毎日会社の冷暖房によって肌がボロボロなったり、肌がカサカサになりブツブツと吹き出物がでていたりとダメージを抱えたお肌でも、佐伯チズさんが推奨する、ローションパックを毎晩続けることによって、数日でたくさんあった吹き出物が消え、お肌がもプリプリになるのだそうです。

佐伯チズさんがやっていらっしゃるサロンで使用しているコットンを使うともっと効果があるそうです。

佐伯チズ式ローションパック

佐伯チズ式ローションパックとは

佐伯チズローションパックについて調べてみました。

皆さん、毎日化粧水を使っていらっしゃると思います。どんな感じで化粧水を使用していらっしゃるのでしょうか?

管理人の場合は、時間があるときは、化粧水をつけたコットンで顔をペタペタとやっています。でも「生来の面倒臭がり」ですので、手で軽くつけて終了というのが、ほとんどです(笑)。聞いたところによると、お肌に潤いを持たせる化粧水のつけ方としては、「コットンを使用して時間をかけながらなじませていく方法」の方が良いのだそうです。「化粧水を手で軽くつけてしまう方法」では、お肌に潤いを持たせるには効果的が余りないのだそうです。

ここでは、佐伯チズローションパックの方法を解説させていただきます。

1.まず準備していただくのは、佐伯チズ式のコットン(普通のコットン大丈夫です)と、化粧水、そして、水、です。最初に、コットンを水で濡らせたら、そのコットンを両手で挟み、軽く水気を絞ってしまいます。

2.次に、そのコットンに化粧水を垂らして、化粧水を全体になじませます。(コットンに化粧水が馴染みやすくなるように、化粧水の質はさらっとしたものを使うようにしてください。)

3.そして、コットンの繊維に沿って、コットンを4、5枚に分けます。その分けたコットンを、額、両方の頬、鼻、顎の5個所に乗せてください。(コットンのサイズが小さすぎる時は、コットンを少し引っ張って伸ばして使用してください。)
そして、3分間コットンを乗せたそのままの状態にしておきます。(ここでのポイントは、3分以上乗せておくとコットンが乾いて水分が奪われてしまい、逆効果となってしまうので注意しましょう。)

4.3分経過したら、手のひらで顔全体を包み込むようにして肌を抑え、化粧水を肌にしっかりとなじませます。

以上が佐伯チズローションパックのやりかたです。少面倒ですが、とても手軽に出来、経済的なので、この記事をご覧の皆さんも是非チャレンジしてみてくださいね♪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。