テキストリンク
テキストリンク

佐伯チズ式リキッドファンデーション

佐伯チズ式リキッドファンデーションのつけ方について

佐伯チズさんのリキッドファンデーションの使用方法をご紹介したいと思います。

佐伯チズさんはファンデーションに、肌になじみやすく、水分と油分のバランスが一定にで化粧崩れしにくくい、「リキッドファンデーション」を推奨しています。特に30歳を過ぎた方は、肌が乾燥しがちになってくるのでリキッドファンデーションを使ったほうが良いそうです。

リキッドファンデーション、下地クリーム、日焼け止めクリームの3種類を混ぜ合わせて肌につけると、忙しい時など、時間を短縮して一遍に仕上げることが可能なのだそうです。

そのやり方ですが、リキッドファンデーション、下地クリーム、日焼け止めクリームは、それぞれ真珠大の大きさに1:1:1の割合で、全てを掌の上で混ぜ合わせます。

3種類のクリームを混ぜ合わせたら、両方の頬、額、鼻、あごに適量をつけて、全体的に指で伸ばしたら、毛穴のひとつひとつにやさしく丁寧にクリームを入れ込むようにしてしっかりと肌になじませていきます。肌全体的に入れ込んだら、ティッシュで手に残ったファンデーションを拭き取って手をきれいにした後、もう一度手のひら、指の腹を使って顔全体の毛穴にクリームを入れ込んでいくようにマッサージしてください。

掌の上ですべてのクリームを体温で温めながら混ぜると、ノビが良くなって、肌への密着度も高まるそうです。そして化粧崩れしにくくなるという効果もあるそうです。

注意点を一つだけ。リキッドファンデーション、下地クリーム、日焼け止めクリームの3種類を混ぜる際、リキッドファンデーションの色だけは、あらかじめオークル系とピンク系の2色を用意しておいて、その日の自分の肌の色と合わせて考慮するそうです。

ピンク系のリキッドファンデーションは顔色が悪い時に多めにしたり、オークル系のリキッドファンデーションはほてりや赤みが気になる時に多めにするなど、その日の体調に合わせて2色を混ぜ合わせ使用してください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。