テキストリンク
テキストリンク

佐伯チズさんについて

佐伯チズ式ながらケア

皆さんが日ごろやっていらっしゃる肌ケアの基本的な方法は、クレンジングまたは洗顔をおこなって、メイク汚れや肌についた汚れを落とした後に行っていると思います。洗顔後、化粧水⇒美容液⇒クリームの順番でスキンケアをしていくと思います。化粧水を使って肌に水分を与え、次に、美容液を使って肌に栄養を与え、その後クリームで水分と栄養にフタをする、というのが基本といわれています。

しかしこの方法で、順々に化粧品をつけていくと、各々の化粧品の効果が半減してしまうそうです。化粧水や美容液などを、肌にまだ浸透していない状態で次々に使用すると、各々の化粧品が肌の表面で混りあってしまい、そこにさらにクリームをつけると混ぜ混ぜな状態になってしまうのです。

佐伯チズさんの推奨する方法では、化粧水や美容液をつける際、ひとつの化粧品をつけて間隔をあけることが大切とされています。しっかりと、化粧水が肌に浸透したのを確認してから、次の美容液というふうにやっていくのがのが肝心なのだそうです。

佐伯チズさん曰く、化粧品を使用するときのその間隔は、3分だそうです。佐伯式ローションパック(普通の化粧水の場合も同様に)をつけたら3分の間隔をあけます。そして次に美容液をつけてから3分の間隔をあけます。そしてクリームをつけたら同様に3分間待ちます。
最後にUV下地をつけたら、メイク前の準備が完了します。

これらを行うのに時間があるときは良いのですが、毎朝時間がない中、起きてバタバタしているときに、実行するのは大変なことだと思います。

そこで、佐伯チズさんがお考えになった佐伯チズ式ながらケアをご紹介します。
1.佐伯チズ式ながらケアでは、朝起きたときにまずぬるま湯で洗顔をします。(注:前の晩にスキンケアをしっかりと行っている必要があります。)
2.ぬるま湯で洗顔した後は、肌に化粧水をつけます。(このとき肌の状態がよければ、佐伯チズさんは、化粧水も省略してしまうしそうです。)
3.化粧水をつけたら、朝食の用意をします。コーヒーメーカーまたはドリップでコーヒーを落としながら、パンをトースターにセットするなど準備をするそうです。(この間に約3分くらい経過)
4.その準備が終わったころに3分くらい経っているので、次に肌に美容液をつけて、簡単な朝食(スクランブルエッグなど)をパパッと作ってしまいます。(作業している間に美容液が肌に浸透していきます。)
5.次に、肌にクリームをつけて、着替えたりして出勤の準備などをやってしまいます。
6.準備が済んだらUV下地をつけて、出来上がった朝食を摂ります。

朝の忙しい準備の最中に、このように毎朝のスキンケアをうまく組み合わせることで、時間が有効活用できて、リズム感が生まれ、その日一日のやる気が沸いてくるそうですよ♪
タグ:佐伯チズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53180091
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。